Foresters Village Kobbit ~ キャンプ初心者にも最適なキャンプ場再訪

キャンプサイト

 

2018.5.20

日向山登山は少々急ぎめの下山としました。

日向山~お山の上のホワイトビーチ

2018年5月22日

理由はその後に控えるキャンプ。チビワン的には登山よりも楽しみにしている傾向があり、山好きの父としては少々悔しく思わないこともないのですが(どうせなら山小屋泊かテント泊したいので)、キャンプもアウトドアアクティビティとしては楽しめる要素満載。キャンプは私も経験があまり多くはないので、経験も兼ねて楽しみたいと思います。

訪れるキャンプ場はコビットことForesters Village Kobbit、二度目の訪問になります。

 

変わらぬ清潔さとスタッフの暖かな対応

 

Canon EOS 7D Mark II f/8 1/125sec ISO-100 24mm

こちらが受付となる管理棟。ここはその他のサニタリー施設だけでなく、通行路までも含めて清潔感がいっぱいのキャンプ場。1年前と変わらぬ清潔さ。温厚な人柄のスタッフさんに応対していただき、受付を済ませて早速サイトに移動しました。

 

Canon EOS 7D Mark II f/4 1/100sec ISO-400 24mm

今回は川沿いのリバーサイトですが、今回はフォレストサイト(電源あり)を利用させて頂きました。

早速ペグ打ち名人に依頼をします。

 

 

Canon EOS 7D Mark II f/9 1/100sec ISO-1250 47mm

マイホームが完成しました。サイトの主体となるテントとタープはコールマンのエントリーモデルを使っています。キャンプギアの中ではコールマンが一番コスパが良いと思っています。ヘビーユーザーではないですし、お金をかけるならキャンプよりも登山に回したいですし。

 

Canon EOS 7D Mark II f/4 1/100sec ISO-250 60mm

今回も火熾し器を活用。キャンプは効率の良さが命!(かどうかわかりませんが、)子連れでのキャンプは時間の節約はとても大事。今回は新調してユニフレームの「チャコスタII」を実戦投入いたしました。

バーナーはカートリッジの形状が場所を取るので山用では選択候補外ですが、その他の熱源関係(焚火台を兼ねたファイアグリル、バーナーパッド等)ではユニフレーム製品がかなりのお気に入り。

そしてこのチャコスタIIも、燃焼効率はさることながら折りたたんで収納できるということで携帯性も高くなっていてさらにお勧めです。

 

Canon EOS 7D Mark II f/4 1/100sec ISO-500 95mm

ニクじゃ!

こちらも同じくユニフレームのファイアグリルを使っています。コンパクトにまとまるし焚火台としても使えるので使い勝手は抜群です。専用ケースにはファイアグリル2つ分を収納することもできるようなので、もう一つ欲しいくらいですね。

 

Canon EOS 7D Mark II f/4 1/100sec ISO-640 24mm

今回は焼きマシュマロも忘れずに♪ マシュマロはそんなに何個も食べるものではないのでいつも余ってしまうのですが、あまりのキャンプ実施間隔が長くてダメにしてしまいます・・・。家で食べてもそれほど美味しく感じないのはキャンプマジック(笑)

 

 

Canon EOS 7D Mark II f/4 1/100sec ISO-640 70mm

はふはふ。

 

 

Canon EOS 7D Mark II f/4 1/60sec ISO-200 32mm

日も暮れてきたので、ランタンを点灯させます。

メイン灯にはこちらもコールマンのオーソドックスなガスランタン。テントやタープに合わせて赤色屋根のものを購入しました。マントルの交換は最初慣れるまでコツが必要でしたが、それ以外は特に不満はありません。ガスはRegular缶よりもSuper缶のほうが光量の多さや使用時間の長さという点でオススメです。

 

ちなみにランタンスタンドにはSnowPeakのパイルドライバーを使っています。スノピ製品は個人的に距離を置いているのですが、こればかりは安全性とコスパの観点から外すことができません。

 

おなかも満たされて後片付けをした後は、近所の温泉「尾白の湯」にゆっくり浸かってきました。
登山の疲れもあって21時にはご就寝です。

Canon EOS 7D Mark II f/4 1/160sec ISO-400 47mm

おやすみなさ~い。。。

 

 

やっぱりハイジブランコ!

 

Canon EOS 7D Mark II f/3.5 1/160sec ISO-100 10mm

翌日もいい天気!

早朝6時過ぎに起きましたがチビワンはまだぐっすりの様子だったので朝食の準備だけ進めていました。

やはり今日もホットサンド&スープ代わりのチキンラーメンミニ。お野菜とウインナーも追加してみました。

そして私にはモーニングコーヒー。朝からキャンプ場での青空ごはんとコーヒーは最高ですね。

 

 

Canon EOS 7D Mark II f/4 1/125sec ISO-100 24mm

そして朝イチからのハイジブランコ!土日は子どもも多く待つことが多々ありますが、今日は貸し切り状態です。

 

 

Canon EOS 7D Mark II f/3.5 1/640sec ISO-100 10mm

本当に気持ちいいんですよ。大人でも乗れます。

 

 

石空川の清流で水遊び

キャンプ場横には石空川(しうとろがわ)という川が流れています。キャンプ場横に限り、利用者専用となっています(チェックイン中のみ利用可能です)。

 

Canon EOS 7D Mark II f/4 1/2000sec ISO-200 24mm

深いところでも30cm程度の深さしかないので、小さな子供がいても安心です(それでも目を離してはいけませんが!)。

 

 

Canon EOS 7D Mark II f/4 1/400sec ISO-100 45mm

5月ということもあって雪解けの水はまだまだ冷たくて、浸かるとキンとした冷たさが肌を刺激します。

 

 

Canon EOS 7D Mark II f/4 1/400sec ISO-320 45mm

それでも慣れると意外と冷たさは気にならなくなってきます。

 

 

Canon EOS 7D Mark II f/8 1/2000sec ISO-640 10mm

もう楽しくて仕方ないといった感じで、遡上(笑)します。

 

 

Canon EOS 7D Mark II f/8 1/2000sec ISO-640 22mm

そこそこ上流まで歩けますが、この奥に見える堤防が終点になります。背後は甲斐駒ケ岳の方角かな?と一瞬思いましたが、もう少し鳳凰三山よりのようです。とはいえ地蔵岳だとオベリスクが見えていいはずなので、手前の燕頭山あたりでしょうかね。

 

 

Canon EOS 7D Mark II f/6.3 1/320sec ISO-200 22mm

チビワンが抄った砂の中からキラキラしたものを見つけました。砂金ではないようですが、どうやら何かしらの鉱物が豊富に含まれているようです。

 

 

Canon EOS 7D Mark II f/4.5 1/2500sec ISO-400 22mm

もうね、ズボンまくってる意味ないです(笑) パンツまでびっしょりに。。。まぁ今日はなんでもOKです。このあとコビットのランドリーで乾燥させました。

 

 

Canon EOS 7D Mark II f/4.5 1/2500sec ISO-640 22mm

ちょっとした小径も気持ちよさそうです。

 

Canon EOS 7D Mark II f/13 1/400sec ISO-250 21mm

バックに見えるのは八ヶ岳ですね!

 

まとめ

少々キャンプギアの紹介が多くなってしまいましたが・・・

自然の中で活動するキャンプとしては、あまり人手の入りすぎたキャンプ場というのは便利であっても少々面白みが無かったりします。その不便なところが意外と良かったりするので、特に生活の手段が原始化するのというのはそれだけ子供たちが自然に触れる機会が多くなるということでもあります。

そんな中でもコビットは絶妙なバランスで快適さと事前のぬくもりを感じられるキャンプ場だと思いました。

ぜひまた訪問したいと思います。

Canon EOS 7D Mark II f/6.3 1/250sec ISO-640 10mm