大菩薩嶺~連休中でも静かな稜線歩きを満喫できる石丸峠周回ルート

山行記録

 

2019.5.3

ゴールデンウィークは大菩薩嶺!2年前からなんとなくそんな「お約束」ができてしまったので今年もやってきました。GWということで毎年渋滞に悩まされるこの山行、今年こそは!と思いつつもやはり渋滞には巻き込まれてしまうのでした。しかも今年は10連休ということで渋滞の影響はさらに大きくスタートは遅れ・・・。そんな中でも静かな稜線歩きを堪能できる石丸峠を周回するルートをチビワンと歩いてきました。

このルートをチビワンと歩くのは二回目。1年の成長を見る良い機会となりました。

大菩薩嶺~大満足の稜線美を堪能

2018年5月7日

山行ルート

上日川峠の駐車場から唐松尾根を直登し、一気に大菩薩嶺山頂を目指します。帰りは稜線を下り大菩薩峠を経由し、石丸峠から上日川峠まで戻る周回ルートです。状況によりエスケープするのであれば唐松尾根をピストンで下山、または大菩薩峠から福ちゃん荘まで下る最短の周回ルートという選択肢があります。

標準CTでは1時間の休憩込みで5時間ほどのルートですが、累積標高差約800mで10km近い歩行距離なのでそれなりにボリュームがあります。子連れの場合はかなり余裕を持った山行計画で臨んだほうが良いと思います。

山行目的

本日の山行目的ですが・・・いろいろ詰め込んでしまいました。

本日の山行目的

  • 1年間のチビワンの成長を見る!
  • 大型連休でも静かな稜線歩きを楽しむ!
  • カップヌードル禁断サイズを食す!
  • 新調したチビワンの登山靴をチェック!
  • 小川でジャブジャブ!

 

上日川峠第4駐車場からのスタート

大菩薩嶺での周回ルートを考えるとき、「石丸峠まで行くかどうか?」を決める重要なファクターとなるのが

―― 第3駐車場を確保できるかどうか?

です。第1~第3駐車場までは山行の起点となるロッヂ長兵衛の周辺にありますが、第4駐車場はロッヂ長兵衛から15分ほど下った場所にあり、この往復が地味に響きます(特にメンタル面で)。

過去の実績から、この第3駐車場を確保できるかどうかの時間的リミットは午前9:00と考えていました。今回も渋滞に巻き込まれ遅れたとはいえ、午前8:20に到着したのであれば大丈夫だろうと思いきやそこは超大型連休、その時間でも第3駐車場はすでに満車、第4駐車場に案内されました。

この時点で何となく「敗北感」が出ていました。第4駐車場スタートで石丸峠を含んだ周回はチビワンも未経験。石丸峠周回だけでもかなりの負荷なので、前回から1年経ったとはいえちょっと難しいかな?と。

もしチビワンがギブアップするようなら大菩薩峠(介山荘)からエスケープ。この場合、最後まで静かな稜線歩きは諦めることになります。あるいは、大菩薩嶺ピークハントは諦め、福ちゃん荘から大菩薩峠(介山荘)まで直行して石丸峠を経由して下山、ということも考えていました。体力的な問題ももちろんですが、夕方からは天気が大きく崩れるという予報もあったので、休憩を沢山とりながらゆっくりと歩くとしても限界があったためでした。

Canon EOS 5D Mark IV f/1.6 1/2500sec ISO-400 35mm

そんな懸念ばかりをしていた私でしたが、チビワンはこの通りやる気満々。先のことなど何も考えていないのでしょうが、だからこそその勢いを信じて第4駐車場からでもフルフルのルートに挑戦してみようと思うことにしました。チビワンに背中を押された感じでのスタートとなりました。

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.6 1/2500sec ISO-800 35mm

今回チビワン向け登山ギア実戦初投入となったのが、Mont-bellの「マリポサトレールKid’s」。通常の靴ひもを使わずリールで締め上げるタイプのブーツです。これなら靴紐に慣れていない子供でも一人で簡単に着脱が可能です。

本来であれば事前に試し履きをしておくべきところでしたが、なかなか時間をとることができず、ぶっつけ本番でのデビューとなりました。別途レビューの機会を設けられればと思います。

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.4 1/2500sec ISO-125 35mm

ロッジ長兵衛までは15分ほどですが、開始早々なかなかに登り応えのある急坂によって、眠っていた山の感覚を呼び起こされるような感覚になります。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.4 1/2500sec ISO-160 35mm

いきなりの坂でしたが、登山靴の違和感は無さそうですね。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.4 1/2500sec ISO-250 35mm

キリっと目の覚めるような涼し気な空気の中、朝陽を受けながら歩きます。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.4 1/2500sec ISO-125 35mm

木道までやって来ました。ここまで来ればロッヂ長兵衛までは平坦道です。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.4 1/2500sec ISO-100 35mm

第3駐車場前を通過。ようやくここにきてスタートを切れた気持ちになります。

 

ロッジ長兵衛到着、ようやく本戦開始

Canon EOS 5D Mark IV f/1.4 1/2500sec ISO-125 35mm

ロッヂ長兵衛に到着しました。バスで来ている人の多くはここで降りるので、とても混雑していました。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.4 1/2500sec ISO-125 35mm

ここから福ちゃん荘までは登山道と舗装路に分かれますが、ここは迷わず登山道で。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.4 1/2500sec ISO-100 35mm

くだらないことを考えているときもこういう表情(笑)。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/4 1/640sec ISO-100 35mm

あっという間に福ちゃん荘が見えてきました。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/4 1/640sec ISO-125 35mm

そういえば、ちゃんとここに寄ったことってなかったんですよね・・・。

のんびりとした登山道も終わり、いよいよ唐松尾根へと向かいます。

 

富士を背に、唐松尾根へ

 

Canon EOS 5D Mark IV f/5.6 1/2500sec ISO-1250 35mm

直登なので急登になりますが、その分早く大菩薩嶺まで辿り着くことができます。ダラダラせず短期決戦を目指すのであればこちらのほうがオススメ。この登りさえ終われば「あとは長くても絶景を見ながら稜線を下るだけ」というのが精神的な負担も少なくて済みます。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.4 1/6400sec ISO-200 35mm

帽子で隠してますが、鼻ホジやってます(笑)
まだまだ余裕な証拠かな?

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/6.3 1/320sec ISO-125 35mm

この枯れ木が目印、いよいよ急登のスタートです。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/11 1/160sec ISO-100 35mm

しばらく歩いて背を向けると、早速本日の初富士山。これなら疲れも多少は癒されますね。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.4 1/6400sec ISO-125 35mm

早起きによる寝不足と一気に負荷のかかる急登により、毎年この辺りから歩みが遅くなるのですが、今日はまだまだ余裕がありそう。これも1年の成長の証かな?

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.4 1/5000sec ISO-100 35mm

岩々の登りになってくるとペースが上がってくるのは相変わらずです。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/9 1/400sec ISO-100 35mm

高度を上げると富士山もより一層クッキリと見えるようになります。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.4 1/8000sec ISO-100 35mm

あっという間に雷岩直下まできました。まずは大菩薩嶺山頂まで行ってしまいましょう。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.4 1/4000sec ISO-125 35mm

チビワン3度目の登頂です。チビワンにとっては金時山に続いてピークハント回数の多いお山です。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.4 1/4000sec ISO-200 35mm

撮影ありがとうございました。

さて、それでは雷岩まで戻って、絶景を見ながらのランチとしましょう。

 

その名は”KING”

さて雷岩。ランチの準備です。

Canon EOS 5D Mark IV f/1.8 1/5000sec ISO-125 35mm

chibi-1
パパー!ビッグじゃないじゃーん!?
shoytomo
あれ~?ホントだ・・・
chibi-1
なんでよ~

てっきり”BIG”サイズのカップヌードルを食べれると思っていたチビワン。ちょっとトボけたフリして返すとブー垂れ始めます。

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.8 1/5000sec ISO-125 35mm

shoytomo
ちゃんと探した?
chibi-1
(ゴソゴソ・・・)ん?あれ!?ビッグじゃないけど・・・!

表情がみるみるニヤついたものに変わっていきます(笑)

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.8 1/5000sec ISO-125 35mm

chibi-1
キングだー!!

そう、念願の”KING”サイズのカップヌードルを食す日がついに来たのです!(笑)

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.8 1/5000sec ISO-125 35mm

chibi-1
みて!パンパン!
shoytomo
開けてみると爆発するぞ!?
chibi-1
えー?(ピリピリ・・・ボンッ!)おわ!ホントだ!

気圧差での膨張でパンパンに膨れ上がり、開封と同時になった破裂音で盛り上がるチビワンでした。

 

Canon EOS 5D Mark IV f/10 1/320sec ISO-200 35mm

最大級のヌードルと最高峰のセット。

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.4 1/2000sec ISO-100 35mm

・・・まさにバケツ(笑)

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.4 1/5000sec ISO-125 35mm

まぁ、お味は同じなのですけどね。

さすがにKINGサイズを丸々1個食べさせるのは気が引けたので私と二人でシェアしました。ところが食べてみてそれほど量が多くは感じませんでした。てっきりBIGサイズの倍くらいあるのかと思っていたのですが、よくよく見て見たところKINGサイズの麺の量は120g。レギュラーサイズ(70g)の2倍すらもなかったのです。これを二人でシェアしたのでは量的にレギュラーサイズすら食べれていないことになり、さすがにそれは可哀想(というかエネルギー不足)なので、あくまで予備として持ってきたレギュラーサイズのヌードルも食べることになりました。使うお湯の量を考えても、あまりオトクとは言えなかったのですね・・・。

少々拍子抜けしてしまいましたが、チビワンとしては念願のKINGを食すことができて大満足のようでした。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/14 1/125sec ISO-100 17mm

霞が残念ですが、南アルプスも一望でき、最高のロケーションでのランチです。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/14 1/125sec ISO-100 105mm

それでは、お腹も満足したことですし、二大稜線歩きを楽しむ下山路に向かうことにしましょう。

 

 

稜線歩き其の壱~大菩薩峠~

Canon EOS 5D Mark IV f/14 1/125sec ISO-200 35mm

まず始めはお馴染みの稜線、大菩薩峠までの稜線下りです。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.4 1/8000sec ISO-100 35mm

雷岩では気温は10度程度でしたが、風が強かったので体感温度はかなり低かったです。チビワンもしっかり着込んだのですが、行動開始後もそのまま・・・。介山荘方面から登ってくる登山者の出で立ちとのギャップがかなり大きいです。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/7.1 1/800sec ISO-100 39mm

ちょっと高度感のある場所で富士山をバックに。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/4 1/1250sec ISO-125 40mm

稜線の途中にある、標高2000m地点の標識。いつもはスルーしてしまいますが、今日は腕時計(ProTrek)の標高基準合わせのために立ち止まりました。思ってより高度がズレていました・・・。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/9 1/400sec ISO-100 17mm

人気なお山である理由がよくわかる場所です。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.4 1/6400sec ISO-125 35mm

こちらも数か所岩場があります。難易度は決して高くありませんが慎重に。混み始めると渋滞する場所にもなります。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.4 1/6400sec ISO-100 35mm

「あれが山小屋!?(=コーラが飲める!)」

という思考でダッシュ!

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.4 1/8000sec ISO-100 35mm

とちゅうのケルンにも目もくれ・・・てた(笑)

本能で反応しているようでした(笑)

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/10 1/640sec ISO-200 35mm

振り返って大菩薩嶺方面。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/2 1/8000sec ISO-200 35mm

取り付き。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/2.2 1/8000sec ISO-250 35mm

「・・・・。」

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/2.2 1/8000sec ISO-200 35mm

パッ!

成功!(笑)

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/9 1/640sec ISO-160 35mm

奥秩父主稜線と、霞んでいますがその奥にうっすらと八ヶ岳も見えました。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/9 1/640sec ISO-640 35mm

さてチビワンが介山荘だと思っていたのは、賽の河原にある避難小屋でした。

chibi-1
なんだー、ここでパチパチ(=炭酸飲料)飲めると思ってたのにー
shoytomo
残念でした(笑)
chibi-1
がっくし。。

とはいえ介山荘まではあとそれほどの距離もありません。もう少しガンバ!

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/9 1/640sec ISO-125 35mm

またまた振り返って。もうすっかり夏の雲ですね。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/2.8 1/800sec ISO-125 35mm

介山荘到着!コーラではなかったけど唯一残っていたサイダーにて至福の時!

石丸峠まではまだ一山越える必要があるので、ここで英気を養いましょう。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/9 1/320sec ISO-100 35mm

お決まりの構図。撮影ありがとうございました。

 

 

稜線歩き其の弐~石丸峠~

Canon EOS 5D Mark IV f/4 1/200sec ISO-250 17mm

さて、チャージを終えた私たちは次の目的地である石丸峠に向かいます。

こちらは歩く人が少なく、今までの賑わいが一気に途絶え雰囲気がガラリと変わります。序盤だけちょっとした難所がありますが、それはチャージ直後、ヒョイと乗り越えていきます。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/4 1/200sec ISO-160 40mm

今までと異なり、倒木もあり少々荒れているためルートファインディングに少々難儀するところもありますが、あえてチビワンを先に歩かせてみました。靴跡や踏み跡、ピンクテープなど、チビワンの感覚で色々と認識しながら進んでる姿を見て、体力以外の面での成長もちゃんとしてるなぁと嬉しく思いました。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/4 1/200sec ISO-200 28mm

 

Canon EOS 5D Mark IV f/4 1/200sec ISO-100 17mm

15分ほど歩き、ここを抜けると・・・

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/9 1/200sec ISO-100 17mm

どーん!と視界が開けます。

GW中ということもあって私達だけでの独り占めというわけにはいきませんでしたが、それでもこちら側まで来るハイカーさんは多くなく、この素晴らしく気持ちの良い景色を堪能しながら静かに歩くことができます。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/9 1/200sec ISO-100 17mm

天狗棚の先は小金沢山や牛奥雁ヶ腹摺山方面。車だとアクセスが難しくなりますが、こちらもいつか歩きたいですね。

天狗棚の左側に見えるのは三頭山でしょうね。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/9 1/200sec ISO-100 17mm

手前が石丸峠の分岐右に折れて引き返すように進むと上日川峠方面です。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/4 1/1250sec ISO-100 17mm

個人的には大菩薩峠方面よりも絶対にこちらのほうが絶景だと思っています。

当サイトのトップページの写真も、1年前のこの場所で撮影したものです。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/9 1/400sec ISO-100 17mm

幸せハイク♪

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/9 1/400sec ISO-100 17mm

 

Canon EOS 5D Mark IV f/9 1/400sec ISO-250 17mm

おや?崩壊!?

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/9 1/400sec ISO-400 17mm

ありゃ・・・これは通れない・・・

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/9 1/400sec ISO-500 17mm

なんて、ここは以前からこの状態で、ちゃんとした迂回路もあります。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/9 1/400sec ISO-100 17mm

これでもか!と言わんばかりの絶景を見せ続けてくれます。やっぱりこっちまで来てよかった・・・

 

 

疲れても絶えない笑顔

樹林帯に入ると眺望もなくなり、気持ちいいとは言いながらも少々単調な下山路が続きます。もともと上日川峠では第4駐車場からのスタートというハンデを負っていたためチビワンの体力がそろそろ心配になってきましたが・・・

Canon EOS 5D Mark IV f/1.8 1/6400sec ISO-125 35mm

この表情を見る限りではまだ大丈夫そうですね。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/9 1/160sec ISO-200 35mm

基本的には下りなのですが、一部わずかな登り返しもあるのでそれなりに体力ケズられます。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/2.2 1/2500sec ISO-200 35mm

あいかわらず鼻歌(DA PUMP)まじりでマイペースに歩いているかと思いきや・・・

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/2.2 1/2500sec ISO-125 35mm

鼻歌(DA PUMP)がサビに入ると突然ダッシュしてみたり。走り出すようなテンションだったのかな(笑)

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/2.2 1/2500sec ISO-125 35mm

とはいえそれなりに疲労はあるはずなので、一旦休ませて大好きな梅干しタイム。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.8 1/6400sec ISO-250 35mm

長い九十九折の登山道を抜けると、一旦林道に出ます。ここに「熊出没注意」の看板があることを覚えていたようです。子供の記憶というのは思わぬところで思わぬことを覚えてますよね。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/9 1/6400sec ISO-3200 35mm

shoytomo
あ!崩壊しているよココ!
chibi-1
うぉぉー、ホウカイー!

崩壊しているというだけで盛り上がれる男子(笑)

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.8 1/6400sec ISO-250 35mm

笑ってます(笑)

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.8 1/6400sec ISO-250 35mm

ニヤついてます(笑)

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.8 1/6400sec ISO-400 35mm

ほんっとーに下らないことで盛り上がってるんですけどね。

そんな下らないことで二人思いっきり笑えるというのが幸せだったります。

 

 

ジャブジャブタイム!

 

Canon EOS 5D Mark IV f/5.6 1/160sec ISO-250 17mm

さて、しばらく歩いてバスも通る大菩薩ラインも横切ってしばらく歩くと、沢の音が聞こえてきます。ようやく着きました。ここで大休止とします。

そう、今日は・・・

 

Canon EOS 5D Mark IV f/2.2 1/5000sec ISO-320 35mm

クロックス持ってきましたー!

前回は登山靴のまま「ドボン」をしてくれたので、今回は準備万端で。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/2.2 1/2000sec ISO-500 35mm

「つっめたーー!!」

さすがに5月初旬の川の水は冷たかったようですが、涼を堪能したようです。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.6 1/2500sec ISO-400 35mm

顔も洗ってスッキリ!

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/2.2 1/3200sec ISO-800 35mm

水浴びの後はまた登山靴を履きますが、やはりリールアジャスト式は便利ですね。着脱時の億劫さがまったくありません。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.6 1/2500sec ISO-200 35mm

改めて渡渉。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.6 1/2500sec ISO-320 35mm

難なくクリア!

 

 

秋口を感じさせるようなまったり回廊

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.6 1/2500sec ISO-640 35mm

先ほどの沢が今日のルートでは一番標高が低い場所になるため、上日川峠まではなだらかながらも登り返しになります。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.6 1/2500sec ISO-250 35mm

本来なら最後の山場でしんどい場所でもありますが、沢でのジャブジャブ休憩のおかげでそれほど苦にはなっていないようですね。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.6 1/2500sec ISO-200 35mm

なんかサンダルをぶら下げているとテント泊のベテランハイカーのようにも見えます(笑)

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.6 1/2500sec ISO-1000 35mm

予定より押した時刻ではありますが、ゴールまであと僅かだし天候の崩れも大きくないので、急がずのんびりと歩くことにしました。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.6 1/2000sec ISO-640 35mm

そうなるとやはり・・・

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.6 1/2000sec ISO-500 35mm

鼻歌、いや普通に熱唱しながら歩いてくれます。もちろんDA PUMPで。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.4 1/1250sec ISO-400 35mm

最後の上日川峠までは、先ほど小川以外に小規模の渡渉が2か所ほどあります。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.4 1/1250sec ISO-400 35mm

小学二年生が馬鹿笑いすることなんて、くっだらないことばかりなんですが、それでもやっぱりやめられないオトコ二人。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.4 1/1250sec ISO-200 35mm

まるで秋口を思わせるかのような回廊。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.4 1/1250sec ISO-200 35mm

歩く人もほとんどいないので、本当に静かです。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/2.8 1/640sec ISO-100 35mm

ぷらーんと枝がぶら下がった木。こういうのを見てしまうとぶら下がりたくなるのが男子のサガですが・・・。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/2.8 1/640sec ISO-160 35mm

さすがに体重をかけるのはムリだったね(笑)

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.4 1/1600sec ISO-125 35mm

最後の渡渉です。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.4 1/1600sec ISO-640 35mm

ゴール目前でもこの笑顔、嬉しいなぁ。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.4 1/1600sec ISO-160 35mm

ここにきて踏切ごっこ(笑)

当然ながら私が通った瞬間に遮断機降ります。わかりきってても笑いが止まらない二人(笑)

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.4 1/1600sec ISO-160 35mm

ゴールが見えた!ダーッシュ!

・・・と思いましたが

 

実はまだ残っていたエクストラステージ

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.4 1/1600sec ISO-100 35mm

shoytomo
そういえば駐車場は下だったね。
chibi-1
ええ~~~!?

すっかり忘れていましたが、私たちのゴールである駐車はこの下の第4駐車場。あともう少し歩かなくてはなりません。「えぇ~~~!?」とか言いながらもちょっぴり嬉しそうな表情(笑)

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.4 1/1600sec ISO-250 35mm

chibi-1
これ持っていけるかな!?
shoytomo
却下!

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.4 1/1600sec ISO-200 35mm

「この枝を先に踏んだ人が勝ちー」

終始こういうことやってました。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.4 1/1000sec ISO-400 35mm

楽しそうな笑顔が何よりの褒美。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.4 1/1000sec ISO-250 35mm

shoytomo
ここから下の駐車場まで一気にジャンプで帰りたいね
chibi-1
よし、せーのっ!ジャーーーンプ!

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/2.8 1/1250sec ISO-500 35mm

シュタッ!(笑)

午後3:48、無事に下山です。お疲れさまでした!

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/8 1/160sec ISO-100 35mm

天候の崩れが気になっていましたが、最後まで富士山はその姿を見せ続けてくれました。

 

一年ぶりの「ほったらかし」

 

Canon EOS 5D Mark IV f/1.4 1/100sec ISO-3200 35mm

下山後はチビワンの希望もあり久々のほったらかし温泉へ。しかし10連休、ものすごい大混雑でした・・・。まぁ、仕方ないね。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV f/2.8 1/100sec ISO-3200 35mm

汗を流した後は併設の休憩舎で。ちょっと前までは「どうぶつ将棋」でしたが、成長したものです。

 

振り返って

大型連休、好天、人気のお山ということで、あらゆる混雑と渋滞に巻き込まれる「GWは大菩薩嶺で!」の恒例行事ですが、そんな中でも静かに絶景を見ながら歩けるというのはありがたいことだと改めて思いました。

そしてチビワンの成長。結局、第4駐車場からの負け戦ムードを見事にひっくり返してくれたことには本当に嬉しく有り難く思います。ここまで頑張り抜いたのはKINGの影響だけではないでしょう(笑)。また、来年も一緒に歩きたいですね。

 

 

山行データ

  • 出発時刻 / 高度: 08:58 / 1556m
  • 到着時刻 / 高度: 15:48 / 1559m
  • 合計時間: 6時間50分
  • 合計距離: 14.28km
  • 最高点の標高: 2037m
  • 最低点の標高: 15368m
  • 累積標高(上り): 783m
  • 累積標高(下り): 783m

 

Reliveで山行振り返り