杓子山~富士山大パノラマ!成長の御礼と祈願

山行記録

 

2021.2.21

コロナ禍という事情以外にも色々あってなかなか山行の機会に恵まれなかったのですが、過去に例を見ないブランクとなってしまいました。
前回の大野山子連れ登山から実に三カ月ぶりということもあり、あまりハードでなくそれなりに眺望を楽しもうということで、3年前にもチビワンと歩いた杓子山に登ってきました。

大野山~子連れ登山で “ようやく” オススメできるようになった山北つぶらの公園ルート

 

山行ルート

山梨県は山中湖の北部、忍野八海の北側にある杓子山(しゃくしやま)。今回は林道途中の鳥居地峠(とりいちとうげ)から尾根伝いを歩き途中の高座山(たかざすやま)を経由して杓子山に登頂します。
ルート前半から、大パノラマの富士山を背に歩きます。高座山直前は急な上に滑りやすいザレ場となっており、高座山以降もやや急な岩場もあるため子連れの場合はそれなりの準備と注意が必要です。

富士山側を正面にした時のルートはこのようになります。

 

山行目的

かなりブランクが長かったので、体力の消耗度合いを見ながらパノラマ富士を堪能します。

本日の山行目的

  • 忘れていた山の感覚を取り戻す!
  • 大パノラマの富士山を堪能する!
  • チビワンの3年間の成長をみる!

 

鳥居地峠から山行スタート

Canon EOS 5D Mark IV + f/4 1/640sec ISO-500 44mm

鳥居地峠の駐車スペースには、詰め込めば乗用車6~7台は停められそうです。また、このまま林道を進んだ先にも3~4台程度の駐車スペースがあります。かなりの凸凹道を行くことになりますが、車高の低い車でなければ十分通れると思います。

それでは出発しましょう!

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/14 1/200sec ISO-1250 24mm

鳥居地峠からは東側に向かって歩くので、午前中は場所によっては逆光です。この日の8時半頃の気温は約4度でしたので、まだ体が温まらないうちは有り難い温もりです。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/4 1/250sec ISO-500 24mm

一応、ライナー付きの長ズボンにしました。午前中はこのウェアで正解でしたね。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/4 1/250sec ISO-160 24mm

しばらくは緩やかな登り。ウォーミングアップには最適です。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/8 1/250sec ISO-125 24mm

視界が開けると、カヤトの暖かみのある道。正面の一番高い場所が高座山です。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/8 1/250sec ISO-1600 55mm

この辺りではまだ泥濘は酷くありませんが、今日はこのゲイターが後々に役に立つことになりました。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/11 1/250sec ISO-125 24mm

ここで後ろを振り向くとドーンと富士山。雲一つなく気持ちがいいですね。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/11 1/640sec ISO-250 70mm

クッキリと。今シーズン初めは冠雪がかなり少なかったようですが、安心の(?)積雪量です。

 

 

難関その①:ザレザレの急坂(登り)

Canon EOS 5D Mark IV + f/8 1/640sec ISO-320 37mm

ここから先は高座山山頂まで、ザレた急登が二か所あります。これがなかなかに堪えるのです。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/8 1/640sec ISO-320 70mm

カヤトの山肌に描かれた文字(?)。3年前はもう少しはっきりと「中」「山」「上(だったかな?)」と書かれていたのですが、この日はかなり薄くなっていました。結局何のサインだったのかはいまだにわかりませんが・・・。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/6.3 1/640sec ISO-250 24mm

では取り付きです。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/4 1/640sec ISO-125 24mm

ザレているのでまぁ登りにくいこと・・・。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/4 1/640sec ISO-160 47mm

単純に登りにくいというのもありますが、かなりの斜度で滑ると危険なので、滑落しないよう注意しながら登ります。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/11 1/400sec ISO-250 24mm

まずは一ヶ所目クリア!また一段と高度を上げて眺望が広がりましたね。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/4 1/500sec ISO-100 24mm

続いて二か所目。こちらの方がさらに斜度が増します。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/4 1/500sec ISO-160 24mm

さらに後半はこのとおり。この日はまだ土がぬかるんでいないのでマシなのですが、ドロドロだとさらに危険度は増すと思います。

 

最初のピーク、高座山

Canon EOS 5D Mark IV + f/11 1/400sec ISO-400 24mm

急登を終えるとさらに眺望が広がります。いやぁ何度見ても気持ちがいいこと。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/4.5 1/1000sec ISO-125 61mm

高座山(1304.4m)です。高度ではほぼ中間地点ですが総距離からすると1/3程度。まだまだ先は長そうです。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/11 1/400sec ISO-320 24mm

高座山山頂から。ここからは北側の視界も広がるようになり。南アルプス中南部の塩見岳・赤石岳などを目にすることができます。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/4.5 1/400sec ISO-200 38mm

ここで一旦高度を下げ、しばらくは眺望もなくアップダウンあり、岩場ありのコースになります。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/5.6 1/400sec ISO-800 45mm

痩せ尾根を抜けると、いよいよ岩稜帯に突入です。

 

 

難関その②:アップダウンの岩稜帯

Canon EOS 5D Mark IV + f/4 1/250sec ISO-200 50mm

チビワン的にはこういう岩場の方が登り応えがあるようで。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/4 1/250sec ISO-100 24mm

とはいえ急峻な岩場もあるので、楽しむと同時に十分な注意も必要です。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/4 1/250sec ISO-100 24mm

しばらく進むと、送電線の鉄塔の真下を歩きます。看板を見て一言。

chibi-1
この鉄塔触ったら感電する!?

さすがにそんなことにはなりませんが、確かに看板見るとそのような捉え方もできるかなぁ、と。私もちょっとからかい気味に、

shoytomo
触ってみ!?ダメだったらバチッ!!てくるかもよ!?
chibi-1
・・・やめとく。

笑。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/250sec ISO-100 24mm

さらに岩場は続きます。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/640sec ISO-200 70mm

岩場を登り・・・

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/640sec ISO-800 31mm

岩場を下り・・・

chibi-1
まだあるの!?
shoytomo
さすがに飽きてきたね(笑)

そうは言っても3年前はチビワン自身で歩いた道。今思えばよく言って帰って来れたなぁと思います。

 

 

大榷首峠にて

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/640sec ISO-100 24mm

アップダウンの岩稜帯を抜けると大榷首峠(おおざすとうげ)に到着です。上の写真は歩いてきたルート(左)を振り向いて撮ったところです。右のルートは不動の湯を経由する林道ルートです。遠回りですが危険な箇所は少ないので、帰り道はこちらを通っていくというのもアリです(鳥居地峠前では登り返しになりますが)。

ここでトイレ休憩にしました。写真左には簡易トイレがありますが、現在は閉鎖されて使用できません。我が家は毎度おなじみのプルプルにお世話になります。

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/1000sec ISO-640 24mm

いよいよ杓子山への最後の取り付きです。

ここで、チビワントラブル。岩場辺りから腰を気にしていたようですが、聞いてみたところ「ちょっと腰が痛い」とのこと。歩けないほどではないんだけど・・・とはいうものの、少々気になります。

久々の山行、少し多めの荷物、加えて高座山直下で軽く尻餅をついたということもあったので、それらに起因するものかもしれません。

休憩はもう大丈夫とのことなので、少しペースを落として山行を再開することにしました。この先はわずかに遠回りするとハンググライダーの離陸プラットフォームがあるのですが、そちらは帰りに寄ることにします。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/1000sec ISO-200 29mm

取り付きからはそれなりの急登ですが、階段が見えてくると、いよいよ山頂間近。腰が痛いといいつつもスパートします。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/1000sec ISO-125 50mm

あの鐘は・・・!待ちに待ち望んだ山頂は目の前です。

 

 

杓子山登頂!360度の大パノラマ!

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/11 1/500sec ISO-320 24mm

午前10時53分、杓子山(1597.6m)登頂です。見事な大パノラマ!

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/8 1/640sec ISO-160 53mm

杓子山のアイコンである山頂の鐘、その名も「天空の鐘」。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/640sec ISO-100 39mm

誰が考案したのかわかりませんが、ファンシーな山頂標ですよね。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4.5 1/640sec ISO-100 27mm

登頂記念の鐘をカーン!と。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4.5 1/640sec ISO-200 32mm

「ふぃ~~!」といってベンチにゴロン。なんだかんだで登り応えがあったよね。

まぁ休んでください。その間にランチの準備です。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/2500sec ISO-200 39mm

三カ月ぶりの山ヌードル。やっぱり美味しいね。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/2500sec ISO-125 38mm

アーンドお赤飯。塩味がたまりませんな。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/11 1/320sec ISO-160 24mm

お腹が満たされたところで、周囲を見回してみます。まずは北西側。写真右端が去年の梅雨にチビワンと歩いた三ッ峠です。

三ツ峠~あれから4年経ちました

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/11 1/320sec ISO-125 70mm

少しアップで。南アルプスの手前が御坂山塊北部。写真右端は同じく去年の秋にチビワンと歩いた鬼ヶ岳ですね。なんだか去年はかなり御坂エリアをチビワンと歩いた気がします。

鬼ヶ岳~晩秋の御坂山塊、鬼狩り&紅葉狩りへ(前編)

鬼ヶ岳~晩秋の御坂山塊、鬼狩り&紅葉狩りへ(後編)

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/11 1/320sec ISO-160 33mm

北東部には奥多摩の山塊が広がります。その奥にはうっすらと奥秩父の稜線も見えますね。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/11 1/320sec ISO-250 32mm

下山前に記念写真。やはり食後のほうが表情はいいですね(笑)

 

 

Canon EOS 7D Mark II + f/4 1/1000sec ISO-100 24mm

約3年前の写真。鐘撞きの位置が今と全然違いますね。ウェアも今となってはゲイター以外はすべてチビツーが着ています。よくまぁここまで大きくなってくれたものです。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/11 1/320sec ISO-200 24mm

私も一緒に。撮影ありがとうございました。

さて、名残惜しいですがそろそろ下山しましょう。

 

 

ポカポカの下山

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/320sec ISO-160 47mm

ランチの時点ですでに腰の痛みは無くなったとのことでした。久々の登山の上に、苦手なアップダウンの道をチビワンにしては急ピッチで歩いてきたこともあって、少々腰に負担が来ていたのかもしれません。

念のため多めに持たせていた水は私に移し軽くしましたが、その必要がなかったかのように表情が戻ってきました。大人と違って子供の回復は早い・・・。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/800sec ISO-800 70mm

すっかり小躍りジャンプするようになって一安心です。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/800sec ISO-125 24mm

ゴキゲンですな(笑)

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/800sec ISO-200 39mm

ではちょっと寄り道をして・・・

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/8 1/500sec ISO-160 24mm

ハンググライダー発射台へ。ここから空へ飛び立つと気持ちよさそうですね。その前に怖そうですが・・・

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/500sec ISO-125 44mm

「もしここの隙間がこーんなくらいだったらー・・・」と何やら不思議な想像をしていたようですがよくわからないのでスルー(笑)

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/640sec ISO-160 42mm

腰の痛みを訴えていたので、登頂前は不動の湯を経由して帰ろうと思っていましたが・・・

shoytomo
どうする?予定通り遠回りで帰る?
chibi-1
んー、もう痛くないし、遠回りめんどくさいからまっすぐ帰る!

山登りにおいては遠回りの別のコースを歩くというのも楽しみの一つではありますが、今は小学三年生の希望通りにいたしましょう。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/640sec ISO-640 24mm

ということで帰りの岩場もがんばれ!

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/640sec ISO-160 50mm

帰りは陽が傾いて日差し自体は暖かいのですが、高座山までの稜線上は冷たい風が結構強いです。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/640sec ISO-320 24mm

高座山までの最後の登り返し!これが地味に堪えた~~

 

 

難関その③:ザレザレの急坂(下り)

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/640sec ISO-100 41mm

ここが最後の難関。高座山の先の急坂。往路では登りでしたが、帰路は当然ながら下りとなり、加えて気温が上がって土さサラサラになりさらに滑りやすくなります。

上の写真のチビワンのようにどうしてもゆっくりズリズリと歩くようになってしまいます。杓子山山頂が泥濘でドロドロでしたが、こういう時にもやはりゲイターが心強いです。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/8 1/640sec ISO-160 24mm

坂を降りきるまで、油断ができませんでした。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/8 1/640sec ISO-250 70mm

ふぃー、と肩の力が抜けます。ここまで来れば、あとはのんびり林道を歩くのみです。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/8 1/640sec ISO-800 37mm

鳥居地峠が見えました。ラストスパート!

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/800sec ISO-640 70mm

午後2時29分、無事下山しました。お疲れさま!

chibi-1
早くパチパチ(炭酸飲料)飲みたーい!
shoytomo
早く温泉入りたーい!花粉を流したーい!(ToT)

 

 

振り返って

やっぱり富士山ドーンの杓子山はいいですね。富士山を見るとやっぱり「山に来たぞー!」という感じになります。久々の登山で改めてその良さを実感しました。

久々ということもあって、登り応えどころか結構ヘロヘロになりました。やはり山の体力は山でしか取り戻せませんね。それゆえに、より一層「3年前はチビワンよく同じルート歩いたよなー」と思いました。3年という月日はあっというまですが、子供にとっては別人と思えるほどに成長する期間。これまでの成長を感謝するとともに、これからもさらなる成長を願って鐘を撞いてきました。

 

山行データ

  • 出発時刻 / 高度: 08:31 / 1000m
  • 到着時刻 / 高度: 14:29 / 998m
  • 合計時間: 5時間58分
  • 合計距離: 7.38km
  • 最高点の標高: 1579m
  • 最低点の標高: 991m
  • 累積標高(上り): 605m
  • 累積標高(下り): 594m

 

Reliveで山行振り返り

+1